市販 ヘアカラー

髪の毛をヘアマニキュアで染めています。ヘアカラーを使用しても大丈夫ですか?

ヘアマニキュアは髪の毛のメラニン色素を脱色しないため、ゆっくり浸透して
だいたい色が持続できるのは2〜3週間程度です。

 

それに対して、ヘアカラーというのは脱色をしていくため、きちんと染めることが
できます。

 

わかりやすく言うと、マニュキアは爪に塗るマニキュアと同じと考えてください。

 

白髪が少ないうちはヘアマニキュアで良いのですが、白髪が増えてきたら
ヘアカラーがオススメです。

 

 

また、ヘアカラーと比べて髪や頭皮にトラブルやダメージを与えないのが
ヘアマニキュアのメリットです。

 

そのため、ヘアカラーとヘアマニキュアを上手に併用していくと、髪や頭皮に
負担をかけにくくなります。

 

どうしても、ヘアマニキュアはシャンプーのたびに落ちてしまうので、ヘアカラーを
数か月に一度にして、その間にヘアマニキュアにすると良いでしょう。

 

 

最近では髪や頭皮に優しいタイプのヘアカラーもありますので、気になる方は
成分などを気にすると良いですが、注意してほしいのはどちらにしても染めたら
間を空けることです。

 

自分で染める場合は説明書にしたがって間をあけること、美容院で染めるなら
きちんと相談することをオススメします。

 

ある程度の間を空けないと、髪を傷めてしまったり、染まりにくいなどのデメリットが
あるので注意してくださいね。

 

 

植物のヘナからできた染毛料があるそうですが、どのようなものですか?

敏感肌やアトピー肌でも白髪が染められるということで「ヘナ」が有名に
なりました。

 

ヘナと言うのは昔から使われているもので、髪だけではなく頭皮にも
優しいということで人気だったのですが、デメリットとして染まりにくい
ということが挙げられます。

 

他の染毛料に比べて効果を実感しにくかったり、白髪がオレンジに近い
赤っぽい毛に染まってしまったりするので、好きな色に染められません。

 

また染めるのに長時間かかったり、色落ちするので洋服などのついて
しまうなどのデメリットもありますし、ニオイが強くて苦手な人も。

 

もちろん、長時間時間をかけるため、きちんと染まるというメリットも
あるのですが、5時間以上と聞くとメリットなのか疑問になります。

 

 

最近では短時間で染まる!というタイプもあるのですが、ヘナが入っている
だけだったり、ブラックヘナやブラウンヘナなど化学染料が含まれており、
頭皮トラブルを起こしたりすることもあるので注意が必要です。

 

それなら天然成分で優しいトリートメントタイプなど、たくさんの種類が発売
されているので良い物を探してみるのも良いでしょう。

 

 

安全・安心・天然といっても、相性があります。

 

何を使ってもダメ!と言う方は、そのままヘナを使い続けるのも良いですし、
「天然成分」でダメージなく染めていきたいものですよね。